トイレのつまりが起こる原因とは

トイレのつまりが起こる原因とは 毎日使用しているトイレにつまりが発生してしまえば、生活面でとても困ります。つまっている間はトイレが利用できないだけでなく、異臭や他の水のトラブルが起きてしまう原因にもなるため、できるだけ早急に取り掛かることが大切です。特に築年数が経過している家のトイレは要注意です。一度トラブルが起こってしまえば頻繁に起こる可能性もあります。つまりの原因を熟知しておけば、予防や対策を行うことが可能となるため、原因について確認してみましょう。

■古いトイレはつまりやすい

トイレなどにも使用される配管の寿命は長くとも15年から20年です。タンク内に使用される部品やパッキンなども寿命は同じ程度で、築年数が経過している家のものは、消耗や劣化が進んでいると推測されます。部品が劣化したことで正常に動作せず、不具合が発生するだけではなく、故障のリスクもあります。頻繁につまる、流れる水の量が少ない、水に勢いがないと感じた時は部品の故障を調べてみましょう。
水の量が少ない時は、タンクのふたを取って、内部の水位を確認します。使っていない状態で、水の量が決められた場所まで溜まっているのかをチェックしてみましょう。もしも水が満水まで溜まっていないようであれば、故障のサインです。しかし、タンクにはたくさんの部品が使用されていて、知識がなければ原因を見極めるは難しいかもしれません。繊細な作りになっている部品もあるため、あまり自分でいじらず、タンク内で水のトラブルが起きていることを専門業者に伝えましょう。

■トイレでつまりの原因となるもの
トイレに物を落としてしまえば、それがつまりの原因となります。例えばインテリアの一部や掃除用品のキャップ、スポンジ、携帯電話など、落としてしまう物は様々かもしれません。しかし、たとえ小さなものであっても、つまりのリスクを高めます。
もし流れて見えなくなったとしても、排管内で滞ってしまい、そこに使用した紙や排泄物が次から次へ流れてくることでつまりが起こるのです。紙のように水に溶けるものであればお湯や洗剤で溶かすことが可能ですが、異物の場合は溶かすことができません。異物の中でも特に取り除くことが難しいのはナプキンやオムツです。吸収性があるため水を吸って膨らんだり、粘着部分が配管に張り付いて大きな水のトラブルになってしまうかもしれません。落としてしまった時は流さずに、すぐに拾いあげることが大切です。

■自分でつまりを解消できない時の対処方法

自分で努力してもつまりが改善されない時や、部品の故障が疑われる時は専門業者へ依頼しましょう。自分で直そうとネットなどでやり方を調べたり、部品の取り付けで時間がかかることもありません。部品を間違えて購入してしまい修理が上手くいかなかったということもないでしょう。内容によっては危険が伴うこともあるので、難しい場合には無理をしないことが重要です。
プロに見てもらうことで部品交換にするのか、トイレ全体を交換した方がいいのか、排水設備の見直しがいるのかなど環境面でも改善が行えるケースもあります。頻繁につまりや水のトラブルが起こるようであれば相談してみるといいでしょう。

■まとめ
トイレのつまりは、物を落としてしまうのが原因となるだけではなく、部品が劣化し流れにくくなったというのも原因の一つと考えられます。つまる原因が分からない時は調べてもらうのも可能なため、不安な方は専門業者へ連絡してみましょう。
他の水のトラブルが起こらないようにするためにも、普段からの点検や修理はとても大切です。無料で見積もりや相談を行ってくれるケースもあるので、気になった方は利用してするのがおすすめです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース