ラバーカップでトイレのつまりを改善

トイレのつまりを流すために役立つ道具がラバーカップです。使い方は簡単ですが、間違った方法で行うと、つまったものが原因で排水管 水漏れへとつながる恐れがあります。すぐに直せるよう、効果的な使い方を見てみましょう。

■トイレの様式で使い分ける

ラバーカップはトイレの様式によって形に違いがあります。どれも同じ使い方をしますが、最適のものを使わなければ空気がもれやすくなり、真空状態にしづらくなります。和式の場合は丸形、洋式の場合は丸形の先に四角い形のものを使いましょう。トイレの形に添ってしっかりとあてられるので、作業しやすいです。
カップの上まで水位があるくらいがちょうどよい水の量です。使用前に水が多すぎるようであれば少しくみ取っておくとつまりが解消した時に溢れることがありません。

■ラバーカップの使い方

ラバーカップはつまったものを引き出して解消する道具です。トイレに押し当てて、その後ゆっくり抜きます。この時に圧力で原因をトイレの外へ引き出します。そのままにしておくと排水管 水漏れのリスクがあるので、配管を傷つけないよう行いましょう。
紙や汚れなど固まりが原因だった場合は流すのではなく、手で回収が必要です。一度使って、それでもつまりが直らない時はすぐに業者へ連絡し修理を依頼します。

■まとめ
ラバーカップでつまりを流すのは、昔から使われてきている方法です。排水管 水漏れにならないよう早めに行うのが大切です。形や使い方を知っていれば誰でも作業できるので、トイレには常備しておくと安心です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ