水洗トイレのつまりを予防する方法

水洗の場合は排水管に物がつまることが原因でトラブルが起こります。トイレがつまらないよう予防したいときには、日ごろの使い方から見直してみましょう。自分でもできる方法が多いので、困ったときに実践したいものです。

■つまり予防には生活習慣がポイント

つまりを簡単に予防したい時は使用する時の状況を見直してみましょう。水洗トイレに必要のないものを持ち込んでいると、原因になるかもしれません。本や玩具、携帯電話などを落とすだけでもつまりは起きます。水に溶けるもの以外は持ちこまないようにすると、リスクを減らすことが可能です。
また、子供が使用する時は遊ばずに使っているのかを確かめてみましょう。トイレで遊ばなければ物を落とすこともなく、つまりの原因になりません。事故予防にも効果があるので、それも含めて注意してみてください。このようにつまりの原因を作らないようにするだけで簡単に予防が行えます。

■トイレットペーパーの量で予防

水洗トイレを普通に使っていてもつまりが起こることがあります。それはトイレットペーパーの使い過ぎです。たくさんのトイレットペーパーを使ってしまうと、上手く排水できずにつまりの原因となります。使う量に注意することが大切です。
目安としてはゴルフボールくらいの大きさで7個までにするといいでしょう。多く使いたい時は一度流してから再度使用するようにします。分けて流すことでつまりを防げます。

■まとめ
水洗トイレでつまりを起こさないための予防方法を紹介しました。どの方法も意識するだけで簡単に行えるものです。きちんと予防して、快適に過ごせるようにしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ