トイレのつまりで排水が逆流する仕組み

トイレの水が突然逆流した場合、汚水が漏れて臭いが発生したり、衛生面が不安になったりという問題が発生します。できる限り迅速な対応を行うべきですが、対処方法が分からない方もいるでしょう。逆流する原因はいろいろありますが、つまりが原因で排水トラブルが起きる仕組みを確認しましょう。

■トイレのつまりが原因で逆流が発生

トイレの排水は排管内を通って下水道へ流れていきます。真っすぐなものではなく、曲がっている部分もあるためこのような場所に異物が入ってしまうとつまりやすくなります。つまると水を排水することができずに、流れなくなってしまいます。見た目は正常なトイレでも、配管の奥でトラブルが起こっていてため、どんどん水がたまり、溢れてしまいます。何度も流そうとしてしまうと溢れだし、つまりに気づかない段階の場合には排水管 水漏れを疑ってしまいます。

■つまり以外で逆流する原因

トイレのつまりだけが逆流を引き起こす原因ではありません。災害などが起こった時はそれが原因で起こることもあります。大雨や土砂災害が起きた時はマンホール内に水や砂が入って上手く排水することができずに逆流してしまいます。地震が発生した時は排水設備の故障が原因にもなるので、排水管 水漏れもしていないか調べることが重要です。


■まとめ
つまりが原因でトイレの水が逆流する仕組みや、つまり以外の原因もあることを紹介しました。排水は自分では調べることが難しいため、気になった時は専門業者へ相談してみましょう。排水管 水漏れと症状が違うため、見分けがつかない人は原因を知ることができます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ